イケメン?のF駅員がおすすめする、八戸への旅・・・だそうです。

イケメンかどうかはわかりませんが、JRの駅員さんらしい、ほんわかとした強さを感じさせる、素敵な駅員さんですね。

イケメンと書かれて少し照れているかのようなふぜいが、控えめで、素敵です。

女性社員に愛されているのでしょう・・・・。

・・・F駅員と八戸の関係性がいまいちわかりませんでしたが!

今日は震災から1年ということで、停止訓練や黙祷をした鉄道も多かったと思います。

わたしが乗っていた東急線も、そのひとつです。

東急では、14時43分に、地震が起きたという想定で、列車を止め、14時46分からは10秒間黙祷をささげることになっていました。

そして、14時43分。

列車が止まったのは、中目黒駅。

「東急全線で停止訓練をしています」とのアナウンス・・・・

いま、みんながあの日を思い出している、止まっている、東急線も、この時間も・・・

(関係なさげにすっと出てゆく日比谷線のクールさよ!!)

そして14時46分、わたしは、駅員とともに10秒間の黙とうをささげました。

時間にきびしい鉄道にとって、10秒とは、とても貴重な時間でしょう。

すべての鉄道員と電車が、10秒をさしだして、わかちあう、のは、それだけ、1年前のことを忘れたくないということなのでしょう。

東急駅員のさしだした10秒の沈黙が、ふだん動いているものを、わざわざ止める。

動いたら動きっぱなしでもなく

動くかぎりは動かすのでもなく、

ちゃんと動くのだけど

つつがなく動いているのだけど

あえて わざわざ 止める という

その 10秒が

たぶん きっと ひとにやさしい駅を 作るのだ

「ご協力ありがとうございました」の声で、止まったものが、動き出す。

たしかに合体していた

わたしと駅員は

あの10秒間 ひとつになっていた

お客さんの10秒をくださいね

ええ、わたしにも駅員に10秒を・・・

手をつないで 同じ10秒を 持っていたのね 駅員と私・・・

そして 指令から 異常がなければ発車せよという言葉が入り

ドア閉まります プシューの音

駅員の指が 離れていった・・・

わたしと駅員は電車によって隔てられ

また いつもの弁当箱へと

戻されるのでした

日曜日、なんだかゴロゴロバタバタすごしました・・・。

夜は蒲田Stuio80の東日本大震災チャリティーイベントに出演しました。

ポエトリーをしましたが、「何が欲しいんだ?」というバンドさんのドラムの「ジェルノ」さんがバックでドラムをつけてくれました。

作品は

1)LOVE YOURSELF 歌詞・視聴はこちらに⇒★

2)佐々木丸美を読みながら

(CD「車掌もひとりぼっち」に収録)

2作とも、かなりアクの強い作品ですが、思ったよりもちゃんとできて、よかったです。

最後はお誕生日も祝ってもらって、恐縮でした。

3月生まれで年も同じ方があと2名おられました!すごい偶然。

いただいた暖かい気持ちを、返せるような人でありたいと思います。

お世話になったみなさまありがとうございました。