www.nikkei.com

 

www.videonews.com

この春から「食品の機能性表示制度」が始まった。

食品、とあるから食の安全など消費者の為の制度かと思いきや、安倍首相が掲げる成長戦略の一環らしい。

安倍首相によると、「今までのトクホ表示においては企業が自ら人体実験でその効果を証明しなくてはならず、余力のない中小企業ではほぼ不可能であった。しかし機能性表示制度は、第三者の論文等でその効果を証明できればいいので、中小の食品企業においてビジネスチャンスになる」のだという。

 

具体的にいうと、今までは「歩く・散歩など毎日の快適な生活に。」と言ってた某グルコサミン製品が、この「機能性表示制度」を使うと「膝の調子を整えます」と言ってもよくなる、ということだ(多少の認識の誤差はあるかもしれませんが)

 

しかしそれがほんとにビジネスチャンスになるのだろうか。

「歩く・散歩など毎日の快適な生活に。」と言っていたのが「膝の調子を整えます」と言って、私たちの購買意欲はどれほど上がるのだろうか。

 

また「トクホ」は認可制である。企業が自ら人体実験で効果を証明し、政府に認められれば「トクホです。」と言っていいことになっている。

一方「機能性表示食品」は届出制だ。必要な論文さえ提出したら、それだけで「機能性表示食品です。」と言える。政府曰く、実質的にはチェック機能があるらしいが、どこまで認めてどこまで却下するのか基準は曖昧だ。いずれにせよ届出制となっているからには、実質的にはどうだと言い訳しても表示に対する責任を放棄することになる。

 

そもそも「トクホ」の効果だって曖昧だ。政府は企業が提出した実験データを見て「統計的に優位である」として認めた例がいくつもあるが、それが「人にとって効果がある」とは限らない。食品だけで体内環境が改善されることなんてほぼないし、(あればそれは"薬"になる)運動するとか、日光にあたるとか、自分の努力があって初めて効果が出る。私たちが食べ過ぎた時に黒烏龍茶を飲むのは、単なる自分への罪滅ぼしだ。

 

トクホですらそうなのに、もっと緩い機能性表示食品はどうなるのか。

自分を甘やかした罪滅ぼしに健康に良さそうなものを飲む。それが悪いことだとは言わないけれど、過度に期待を持たせる食品表示を増やすのはどうかと思う。

 

成長戦略として「やっている感」を出す為の政策なのだろうか。

今後の運用によって見えてくるものがあるかもしれない。